広告

Technology

《 2019.2.7 》

AIが記録を自動作成 介護職は選ぶだけ 4月から販売へ 三菱電機ビジネスシステム


《 三菱電機ビジネスシステム:記録NAVI 》

三菱電機ビジネスシステムは今年4月から、介護記録の作成にかかる負担を軽減するAIツール「記録NAVI」の販売を始める。東京ビッグサイトで6日からスタートした展示会「CareTEX2019」に出展。訪れた業界の関係者に、「介護職員の事務を効率化できる」とPRした。

広告

現場で実際に作成された記録を学んだAIが、そのシーンで使われる可能性の高い文例を自動で複数作成。そのどれかを選択すると、同様に続きの選択肢が提示される。介護職員は文章を書く必要がない。順に選んでいくだけで簡単に統一的な記録が作れる設計だ。今後、2020年度末までに介護施設を中心として1000社の導入を目指すという。

《 画面構成イメージ 》

「記録NAVI」は施設での利用を想定したパソコンソフト。Windows対応でOSにインストールして使う。利用料はPC1台につき月額500円(税別)。
 
三菱電機ビジネスシステムは、「介護職員が利用者と向き合う時間が増え、サービスの質の向上につながる」としている。
 
選択肢の文例や作成した記録を全てひらがなで表示することも可能。増加が見込まれる外国人の利便性に配慮した機能だ。AIは随時最新版に更新される。蓄積されていく膨大な記録を解析することで、利用者の事故や病気のリスクを検知・把握できる仕組みの構築につなげていく − 。そんな将来ビジョンも描いている。