Data

《 2019.1.17 》

新規がん患者、2016年は99.5万人 初の全数調査 トップは大腸


厚生労働省は17日、2016年に初めてがんと診断された人が全国で99.5万人にのぼったと公表した。

広告

この年に施行された「がん登録推進法」に基づき、すべての病院に報告を義務付けてデータベースに蓄積する「全国がん登録」による初の集計。従来の「地域がん登録」による報告が任意だったため、患者の実態をより正確に把握できるようになった。国は国立がん研究センターとともに、医療・ケアの質の向上など対策の強化に役立てていく方針。
 
厚労省によると、2016年に初めてがんと診断されたのは男性が56万6575人、女性が42万8499人、性別不詳が58人、あわせて99万5132人だった。部位別の患者数は以下の通りだ。

年齢別では65歳以上の高齢者が全体の7割超を占めた。45歳未満は4.7%のみ。ただし、女性の乳がんは30代に入ると多くなっていく。